トップ > 輸入ビール > 【稀少な東京産クラフトビール!】 東京ブルース セッションエール 4.5% 330ml




 

東京ブルース
セッションエール!


 

飲み飽きしない、セッションエール


 

上面発酵(エール)タイプで、広がる豊かな柑橘系の香りと、
余韻に残るシャープな苦味が印象的。

セッションエールとは、既存のビアスタイルを踏襲しながらも、
アルコール度数だけを低く仕上げるビールで、

「伝統的なスタイルにみられる個性」と、
「低アルコール分がもたらすキャラクター」が、
調和しているのが特徴です。

低アルコール「飲みやすさ」ではなく、

“飽きずに飲み続けられる”、
“何杯飲んでも飽きない”、

ドリンカビリティ(Drinkability)の高いビールです。


 




 

  • 1.香り弾ける、レイトホッピング製法
  • レイトホッピング製法

    通常のホップ投入のタイミングとは違い、煮沸工程の終了間際にホップを
    全量投入するのが≪レイトホッピング製法≫です。

    この製法により、グラスからの弾けるような華やかなホップの香りを
    楽しむところから始まり、口に含むと豊かなコクと香りが広がります。
    同時に、喉ごしにはシャープな苦味を実現しました。


     

  • 2.柑橘系アロマチックホップの香味
  • ホップ

    「TOKYO BLUES」セッションエールでは、苦味付与の為に
    通常使用されるビタリングホップを採用せず、全てアロマ
    チックホップのみで仕上げています。

    使用しているホップはシトラ、アマリロの2種類です。

    シトラは強い柑橘系(シトラス)のアロマを持ったホップで、
    アマリロは同じく柑橘系のアロマを持っていますが、
    オレンジの様なやや甘いアロマが特徴です。
    この2種類のホップを使用し、柑橘系の高い香りと
    フルーティーな香味を作りあげています。
    (通常商品と比較して、12倍のホップを使用しています。)


     

  • 3.二つのモルトの深いコク
  • 大麦

    エール用モルトとしてその優れた醸造特性と、このモルト特有の
    トーストやビスケット香が特徴のマリスオッターモルトと、
    コク味(味の幅)を更に引き出す為に、キャラメルモルトを
    使用しています。
    「TOKYO BLUES」セッションエールは通常よりホップ使用量が多く、
    非常に豊かな香りをたたえていますが、この香りに負けない
    味の幅を二つのモルトが出しています。


     

  • 4.東京の水、その原点から
  • 東京の水

    江戸の頃から現在に至るまで東京の人々の生活を支えてきた、
    清酒(多満自慢)の仕込みにも使われる、ミネラル豊富な
    中硬水の“多摩川水系(秩父山系の伏流水)の地下天然水”を
    贅沢に使用しています。


     

【稀少な東京産クラフトビール!】 東京ブルース セッションエール 4.5% 330ml

商品コード : BEER-17040605
価格 : 466円(税込503円)
数量    残りあと2個
 

税込32,400円以上で送料無料!

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません












ページトップへ

*未成年者の飲酒は禁止されています。お酒は20歳になってから*